消費者金融の審査について

消費者金融の審査について基準は3つあります。

1つ目は、総重量制の制度です。つまり自分の年収に対して3分の1までしかかりることができません。これを知らずに借りたい希望金額を大きくしてしまうと審査が通らず、拒否になってしまいます。

2つ目は信用情報機関を消費者金融は利用しています。怪しくなければ、書類で書いた通りの内容で、審査は通ると思いますが、少しでも怪しいと思った人に対して、また怪しいと感じた人に対して行う事があります。CICやJICCなどと言った信用情報機関に問い合わせます。

これは、個人情報で銀行や消費者金融会社が見れる信用情報機関です。データとしては、過去の利用履歴、現在の利用歴、返済が滞った事がないかどうか、ブラックではないかどうかなどです。それに加え1ヶ月に数社など複数の会社に申請していないかどうかなどを見ます。よく申し込み用紙に「他社からの借入は何社で合計いくらか」といった項目が必ずあると思います。ここで、社数が多かったり、金額が大きかった場合つまり窓口担当者が怪しいと思った場合問い合わせするのです。
これは個人でも問い合わせできますが、確か有料で1回につき1,000円ほどかかると思います。ここで詳細を見て判断します。

3つ目は、本人がウソをついていないかどうかを見ています。WEB申し込みの場合は表情が見られないため、もっとドライ(データのみ)で判断しますが、対面の場合は書類を書く姿、書いてある内容、文字などを判断します。消費者金融とは言え、お金を貸さないと利益が出ませんし、各会社や支店単位で営業数字があります。そこで貸したら危ないかもしれないけど、数字を上げるためには貸さないといけない。ただしなるべく危なくない人に貸したいというジレンマがあるのです。そのためなるべく危なくない人に貸したいと思うのは人情でしょうか。

以上の3点以外にも審査については気をつけることはありますが、上記を参考にして下さい。
おまとめローン 審査

申し込みから借り入れまでの流れについて

消費者金融に借り入れを申込む際には、インターネットからの申し込みと無人契約機からの申し込み、また有人店舗の申し込みがあります。インターネットの申し込みが自宅で出来て便利ですので、インターネットの申し込みから借り入れまでの流れについてご説明いたします。

まずは、借入する消費者金融を決めましょう。比較サイトなどを利用して1番評判が良い消費者金融を選ぶとよいでしょう。ほかにメリットがある所があれば、そこでも構いません。初めての方は一定期間無利息のサービスを行っているレイクもありますので、オススメです。

申し込みを開始すると、必要事項を打ち込むする欄があります。住所や電話番号、生年月日などの記入、勤務先の情報を打ち込んでいきます。また、年収がいくら位あるのかを打ち込むする欄があります。間違いのないように正確に打ち込んでいって下さい。また、希望の借入金額、他の消費者金融から借り入れはないかどうかなども打ち込むする欄がありますので、しっかりとすべて打ち込んでいって下さい。

記入が終わりましたら審査をします。他の消費者金融からの借り入れはないかどうか、記入されている勤務先に本当に勤めているかの在籍確認など複数のチェックが終わり次第結果がメールで送られてきます。問題がなければ希望の金額を指定の口座に振り込んでもらい借り入れは終了です。あとは毎月決まった日に返済をするだけになります。

最近の消費者金融は即日対応の所が多いので、午前中に申し込みをすると午後には借り入れが可能です。急ぎで現金が必要な時には大変便利ですので、借り過ぎには注意をして申し込みをして頂きたいと思います。

消費者金融の審査に通りにくい!?

消費者金融の審査は、銀行系カードローンに比べて審査が甘いと言われています。それでも、一定の基準(消費者金融会社により違います)をクリアしていないと、審査に通ることはありません。

会社が違っても、ある程度の審査基準は共通です。最初に安定した収入があることです。「安定した」とは「一定期間以上」と言っても差し支えがありません。例えば、入社直後の場合は、審査に通らないこともあります。一般には、半年ほどの勤務実績が必要とされている場合が多いです。主婦や学生でも可というのは、パートやバイトの勤務年数がある場合です。しかし、3か月毎に違う会社というのはNGとなります。

他の消費者金融会社も含めて、返済事故があった場合です。ルーズな人には貸さないというのは、会社によらず一致した基準です。しかし、返せなかった、誰しもが納得できる理由があった場合は、考慮されます。

最後に、幾つもの会社から借り入れしている場合です。年収の3分の1以上の借り額は、法的に認められていません。借り入れ状況の情報は会社間で共有しています。従って、申込書に嘘を書いてもばれます。

つまり、安定した収入がない、返せない、嘘言う、と言った場合には審査には通りません。消費者金融に審査を申し出るときには、これらのことに注意することが必要です。

消費者金融の審査はなぜ短時間でできるのか

消費者金融を利用するにあたって、まずはじめにおこなわなければいけないのが、審査です。

テレビや雑誌やインターネット等にあふれている、消費者金融の広告ですと、審査というのはごく短い間に完了するということがいわれています。

はじめてのかたは、誇大広告かと思われるかもしれませんが、こういった審査の短さというのは、本当のことです。インターネットなどで利用できるもっとも短い検査ですと、ほんの数十秒で終わるものもあります。
いったいどうやって審査しているのか疑問に思われるかもしれません。

実は、審査というのは、その場だけでおこなわれているわけではないのです。また、その消費者金融が独自におこなっているということでもありません。審査をする専門の機関がべつに存在するのです。

短い時間で審査される場合などは、こういった信用情報をとりあつかう機関を通して、情報がやりとりされます。

ですから、審査というのはあらかじめある情報を読みとる作業なのです。

申し込んでから、審査にとおりやすくするというのは不可能です。
審査というものは、申し込み以前の情報に頼る部分が大きいのです。
もちろん、こういったやり方には利点が大きくあります。
先にあげた、短時間の審査というのも、そのひとつです。

消費者金融の審査をネットで行う

消費者金融の審査は、最近ではインターネット社会に適応して、ネット経由で申込みから審査、審査後の借入、返済まで全て行えるようにシステムが組まれています。

仕事で忙しくて直接店舗に行く暇がないとか、家事が忙しくて家から出れないという状況の方でも、ネット接続環境があれば、パソコンやスマホを使って自宅や会社から一歩も出ずに審査に挑む事が可能です。

審査では身分証明の書類が必要になります、そういった書類関係はメール送信すれば対応してくれる業者も多いです、審査書類を揃えれば30分程で審査結果が解り、合格すれば銀行口座に入金してくれますし、カードに関しては後日郵送してくれます。

直接店舗に行って審査をすればその場ですぐにカードを手に入れる事も出来ますし、自身のライフスタイルに応じて現場審査でもネット審査でも行えば良いでしょう。

申込みを行う前に、自分が審査に挑めるかどうかはホームページにいけば数秒で判定してくれるサービスがあったり、非常に利用しやすい仕組みが整っているので、昔と比べると使いやすく利便性が高いです。

審査が不安ならば、電話対応も受け付けてくれますし、遠慮なく解らない事を聞くのも良いでしょう。
いずれにしても、お金を借りたら計画を立てて、出来るだけ早く返済するようにするのが望ましいです。